VISION

ここは、京都府京丹波町の里山にある私たちの小さなワイナリー。
京丹波町の里山は、美しい山と水があり、大地の恵みがあり、風土と共にいきる人たちがいます。
丹波ワインは、ワインを通じて京丹波町の風土と日本の食文化を伝えていきます。
これから私たちは、次の世代に残したい大切なものを、この場所で見つめ、はぐくみ、伝え続けていきます。

【和食に合うワインを創る】

丹波ワインは1979年に創業者の黒井哲夫により、「京都の食文化に合うワインを創る」という熱い想いを持って、スタ-ト致しました。
想いは通じ、1984年以来、6年連続でモンデセレクション金賞を受賞することが叶いました。

私たちはこれからも経営理念に基づき、環境負荷を軽減しながらも、栽培や醸造においても常に創意工夫を行い、新しいことに挑戦し、和食との相性を突き詰めたワイン造りを目指して行きます。

ワインによって人々が幸福に近づいて行く・・・・・その一端を担うことが私たちの使命です。

HISTORY

ワイナリーは日本酒蔵からはじまりました

京都丹波で現在のワイナリーから車で10分ほど走った白壁の趣のある日本酒蔵をお借りし、タンクなどもそのまま使ってぶどうを仕込み始めました。
赤ワインも開放タンクで櫂入れをし、果帽をワイン中へ押し込んでいきます。酒蔵の長年住み着いた麹や酵母もワインに影響を与えたのかもしれません。時折、お客様から「日本酒のニュアンスがある」と言われたりします。
1979年の創業です。

食文化の延長線のワイナリー

創業当時、照明器具メーカー社長であった黒井哲夫が、海外で駅のホームやカフェで気軽に愉しめるワインの旨さに驚き、そのワインを日本へ持ち帰りました。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違う…。何度試しても同じ結果。そこには臭い、言葉、気候、調味料などによって自然に形成された食文化こそが重要であることに気づきました。
そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財をなげうって自ら日本、京都の食文化に合うワイン造りを目指しました。

熱い想いの同士が集まった

ワイナリーは京都市の北西約50Kmに位置し、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 山崎高明と黒井哲夫2人が中心となって設立。醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場に勤務していた大川勝彦が参加しました。当初は丹波の山崎が経営する葡萄園から産する生食用葡萄(デラウェア、マスカットベイリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎の長男である山崎高宏が、3年間ドイツのガイゼンハイムのH・ベッカー博士のもとへ留学し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用の葡萄の栽培を丹波の自園で手がけるようになりました。

ワインコンテスト受賞履歴

1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストのモンデセレクションのワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞し、その後6年連続で金賞を受賞し続けました。日本の和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的にも初めて認められました。また、最近では2004年に開催されたジャパンワインチャレンジでシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続チャレンジインターナショナルデュヴァンで銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。

VINEYARDS

京都府船井郡京丹波町

古来より京都と山陰を結ぶ山陰道および綾部街道へ抜ける街道沿いに宿場町が栄えました。丹波地方の中央部、丹波高地を控え、旧丹波町の南部が淀川水系と由良川水系の分水界となっています。
主な産業は、農業(ブドウ、稲作、酪農が中心)と林業。古くから食の宝庫として京都市内へ特産物を供給してきました。丹波マツタケ、丹波黒豆、丹波栗、丹波牛、京都特産豚、丹波黒鶏の他、京野菜など海産物以外は概ね飼育栽培されています。
標高は150〜300m程度で黒ボク土と森林褐色土などが多いエリアです。

京都丹波でのぶどう栽培

自社農園は丹波鳥居野、瑞穂向上野圃場、丹波千原圃場、平林地区の4つのエリアで合計6haになります。
全て垣根仕立てで試験栽培も含めて40種類以上の品種を栽培していますが、そのうちセパージュワインとして商品化しているのは10種類程度です。各エリアで土壌が異なり、丹波の土壌や気候にあった台木や苗木品種の選定と試験栽培を繰り返しながら風土にあった品種の育成に取り組んでいます。

栽培品種一例

8月下旬から9月は様々な品種のたわわに実った房をご覧いただけます。
Aglianico(アリアニコ)、Barbera(バルベーラ)、Cabernet Sauvignon(カベルネ・ソーヴィニヨン)、Cabernet Franc(カベルネ・フラン)、Grenache(グルナッシュ)、Kai Noir(甲斐ノワール)、Lambrusco(ランブルスコ)、Merlot(メルロー)、Malbec(マルベック)、Nebbiolo(ネッビオロ)、Petit Verdot(プティ・ヴェルド)、Pinot Noir(ピノ・ノワール)、Sangiovese(サンジョベーゼ)、Syrah(シラー)、Tannat(タナ)、Yama Sauvignon(ヤマ・ソーヴィニヨン)、Zinfandel(ジンファンデル)、Chardonnay(シャルドネ)、Chenin Blanc(シュナン・ブラン)、Cortese(コルテーゼ)、Ehrenfelser(エーレンフェルス)、Garganega(ガルガネーガ)、Malvasia(マルヴァジーア)、Nehelescol(ネヘレスコール)、Osteiner(オスティナー)、Pinot Blanc(ピノ・ブラン)、Pinot Gris(ピノ・グリ)、Roter Gutedel(ローター・グーテデル)、Riesling(リースリング)、Sauvignon Blanc(ソーヴィニヨン・ブラン)、Semillon(セミヨン)、Scheurebe(ショイレーベ)、Sylvaner(シルヴァーナ)、Trebbiano(トレッビアーノ)、Viognier(ヴィオニエ)

醸造のこだわり

醸造上の特徴として、白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙な味わいの多い京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造るという目的からです。
個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、葡萄のポテンシャルを十分に(最大限に)引き出すようなワイン造りを心掛けています。
ワインを熟成させる木樽はフランスなどのヨーロッパから輸入したものをヴィンテージ毎に葡萄の特性を考慮しフレンチオーク・アメリカンオークなど使い分けています。
赤ワインで長いものは15ヶ月程度、白ワインでは樽発酵・樽熟成(7ヶ月程度)を行い、上品な樽香をアクセントにしたものも醸造しており、いずれも料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わないようにしています。

COMPANY

【経営理念】

丹波ワインに関わる全ての人々の物心両面の幸福を追求し、ワインによって創造される楽しみをお客様に提供することにより、地域社会と食文化の発展に貢献します。

ACCESS